How to

How to · 15日 11月 2019
あんかけチャーハンや、あんかけ焼きそばなど、あんかけの餡を作るとき、硬くなったりダマができてしまうといったことがよくあると思います。 私も若い時、あんかけ料理を作るときたくさん失敗しました。 私の場合の失敗の原因は、水溶き片栗粉をいつも沸騰したスープにうっていたことでした。...
How to · 13日 11月 2019
チャーハンを作る時に、冷蔵庫にあるものをチョイスして使うことが多いと思いますが、 意外と具材の分量を気にせずに入れているのではないでしょうか。 炒飯は炒めるご飯がメインなので、ご飯の存在が具に負けてしまうと、なんの炒めものかわからなくなってしまいます。...
How to · 10日 11月 2019
炒飯を作る上で、温度のタイミングと温度のバランスはとても重要です。 よく炒飯は火力が大事だからといって、ずーっと火力全開で炒め続けてしまいがちですが、それだとどんどん鍋の温度が上がっていって焦げが入ります。 逆に温度が低い状態で炒めると、卵やご飯が油を吸ってベトベトな炒飯になります。...
How to · 08日 11月 2019
自宅で炒飯を作る時、大体の油を鍋に入れ、大体で卵を割って、家族分のご飯を鍋一杯に炒めて、 周りにご飯や具材がこぼれ落ちまくって、べちょっとした炒飯ができあがる。 なんて経験がある方は多いのではないでしょうか? 炒飯を美味しく作るためには、実は鍋の大きさと卵とご飯と油の量に密接な関係があるのです。 私の経験上ですがご飯の量は、...
How to · 07日 11月 2019
炒飯の味の主力はやはり塩味となります。 胡椒、牡蠣油、素材の味、葱油、鳥油など、作り手によって様々な味付け、隠し味を入れますが、それらは主力の塩味に、味を添える、引き立てる、といったものです。 それでは炒飯を作る時の主力の味、塩はどんな塩が良いのか。...
How to · 30日 10月 2019
さつま芋は、焼き芋、スイートポテト、煮物など 様々な調理法にあい、女性に大人気の食材です。 今の時期は、収穫直後の新物が多く、これから2、3ヶ月寝かしておいたさつま芋は、 水分が抜けて、身が引き締まって甘みが増した貯蔵物となります。 今頃のさつま芋は、新物で弾力はあるのですが、甘さが薄いので、直接甘さを加えるお芋のデザートを...
How to · 28日 10月 2019
お客様から、炒飯を炒める油は何を使ってますか?という質問がありました。 ココカラでは、耳納赤豚の背脂を使っています。 福岡県うきは市産のブランド豚、耳納赤豚は肉質も脂の部分も非常に良質なお肉です。