How to

How to · 27日 1月 2020
宮保鷄丁(コンポオジィティン) 醤油ベースの甘酸っぱいタレに紹興酒で味の深みを盛り込み、そこに香ばしく焦がした唐辛子のテイストを加えて更に旨味に変化をつけた、中華料理の定番料理です。 四川料理の料理ではありますが、北京、広東、上海料理のジャンルを問わず、中華料理店のメニューに並べられています。...
How to · 20日 1月 2020
前回さばいた豚モモの背脂の部分を、小口切りにカットして、ネギと生姜と一緒に、鍋で弱火にじっくりかけて、脂が透明になるまで抽出していきます。 全て脂が抽出されると、カリカリの脂かすが出来上がり、ペーパータオルを敷いて容器に越して採っていきます。 今回は豚のもも肉1本をさばいた時の背脂を使いましたが、実際にはスーパーで買ってきた、...
How to · 30日 12月 2019
前回の豚モモを1本さばいた時の、スジの部分を、豆鼓と豆板醤でアクセントを付け、 醤油ベースで煮込みました。 家庭でも簡単にできるように圧力鍋を使って作りました。...
How to · 29日 12月 2019
豚もも肉1本、約8.6kgをさばいてみました。 今回は、主に酢豚に使う肉とスジ煮込みに使うすじ肉、 それから晩ごはんのおかずに、トンカツとヒレカツ用数枚! 背脂は、鍋で煮出してラードにします。 ラーメンや炒め物に使うと、香りとコクがでます。 使う豚肉は、福岡県うきは市のブランド豚、「耳納赤豚[みのうあかぶた)」です。...
How to · 22日 11月 2019
海老は様々な料理に欠かせない食材です。 スーパーなどで買ってきた海老をプリプリに美味しくする方法をご紹介します。 写真は、お店用で仕込んでいる時のものなので、量が多いのですが、やっている事は多いも少ないも変わらないので参考にしてください。 大体スーパーなどで購入してくる海老は、大きさによっても変わりますが、...
How to · 15日 11月 2019
あんかけチャーハンや、あんかけ焼きそばなど、あんかけの餡を作るとき、硬くなったりダマができてしまうといったことがよくあると思います。 私も若い時、あんかけ料理を作るときたくさん失敗しました。 私の場合の失敗の原因は、水溶き片栗粉をいつも沸騰したスープにうっていたことでした。...
How to · 13日 11月 2019
チャーハンを作る時に、冷蔵庫にあるものをチョイスして使うことが多いと思いますが、 意外と具材の分量を気にせずに入れているのではないでしょうか。 炒飯は炒めるご飯がメインなので、ご飯の存在が具に負けてしまうと、なんの炒めものかわからなくなってしまいます。...
How to · 11日 11月 2019
「チャーハンを美味しく作る1」でもお伝えしましたが炒飯の味の主力は塩です。 醤油ベースや餡をかける炒飯はおいといて、炒飯の塩の分量の基本は、ご飯の量に対して1%と覚えておきましょう。 ご飯200gなら塩2g
How to · 10日 11月 2019
炒飯を作る上で、温度のタイミングと温度のバランスはとても重要です。 よく炒飯は火力が大事だからといって、ずーっと火力全開で炒め続けてしまいがちですが、それだとどんどん鍋の温度が上がっていって焦げが入ります。 逆に温度が低い状態で炒めると、卵やご飯が油を吸ってベトベトな炒飯になります。...
How to · 08日 11月 2019
自宅で炒飯を作る時、大体の油を鍋に入れ、大体で卵を割って、家族分のご飯を鍋一杯に炒めて、 周りにご飯や具材がこぼれ落ちまくって、べちょっとした炒飯ができあがる。 なんて経験がある方は多いのではないでしょうか? 炒飯を美味しく作るためには、実は鍋の大きさと卵とご飯と油の量に密接な関係があるのです。 私の経験上ですがご飯の量は、...

さらに表示する