コロナと共に去っていく!有難うそしてさようなら!

 

今年は珍しく、お店の入り口の天井に、ツバメが巣を作りました。

いつも途中まで巣を作るのですが、最終的にツバメさん達が気に入らず、定着せずにいたのですが今年は、5羽の子供達が無事に成長しました。

数日前まで羽の生えていない体で、親ツバメが獲ってくる餌を一生懸命口を開けて鳴いていた子ツバメさん達が、もう巣から飛び出るようになりました。

最初は巣から数メートルぐらいのところを恐る恐る羽ばたく練習をしていましたが日に日に大人と同じような飛びっぷりになってきて、そろそろ南の国へ旅立ちの準備が整ってきているようです。

時が過ぎるのはとても早く、昨年からコロナコロナと騒がれた状況も、ツバメさんが旅立つと共に去っていく予感がします。

振り返ってみれば、コロナで大変な不安な思いをしたけど、色々なことに気づき、沢山の方に助けられて、何とか乗り越えられたなー!

と思える時が近くに来ているように感じます。