· 

女性に大人気!さつま芋の飴炊き

 

さつま芋は、焼き芋、スイートポテト、煮物など

 

様々な調理法にあい、女性に大人気の食材です。

 

今の時期は、収穫直後の新物が多く、これから2、3ヶ月寝かしておいたさつま芋は、

 

水分が抜けて、身が引き締まって甘みが増した貯蔵物となります。

 

今頃のさつま芋は、新物で弾力はあるのですが、甘さが薄いので、直接甘さを加えるお芋のデザートを

 

自宅でやってみたいと思います。

 

中華料理では伝統的なデザートとしてありますが、自宅でも簡単に出来ますので是非やってみてください!

 

ポイントは揚げと飴。

 

外はカリカリ、なかふっくら! とよくあるフレーズです。

 

お子様のおやつや、女子会のおつまみに、食後のデザートに、結構お洒落なお芋デザートです。

 

食べ出したら次々と手が伸びてしまいますよ!

 

さつま芋150g、砂糖35g 油小さじ半 カシュナッツ

 

①さつま芋の皮をむき、乱切りに切り、水にさらしあくをとり、ザルにあげペーパーなどで水気を拭く。

②電子レンジ500wに1分かける。

 

③カシュナッツを170の油でキツネ色に揚げ、くだいておく。

④170度の油でさつま芋を3分程揚げ、一度ジャーレンに揚げ2分間ほど予熱を入れる。

 再度さつま芋を170度の油に入れ浮いてきたら油から上げる。

 

 

⑤鍋に砂糖、油を入れ弱火ににかけて、お玉で回しながら混ぜていく。

⑥大きな泡が出てきたら弱火にし更にお玉で回し混ぜていく。

⑦泡が小さくなり白色の飴が少し色づいてきたら火を止め、砕いたカシュナッツと揚げたさつま芋を入れ手早く絡める。

 

⑧鍋からクッキングペーパーの上に取り出す。

⑨とても熱いので、暫くおいて飴が固まり、冷めてから食べるも良し、

 冷水と一緒に提供してそこに芋飴をくぐらせて食べてもらうのも、おしゃれで良いと思います。

 

Point

 飴は糸のように伸びたら成功です。火を止めるタイミングが早過ぎると、ガサガサの砂糖に戻ってしまい、遅いとカラメルの様に黒くなり苦味が出てしまいます。飴を作る際、火を止めるタイミングに注意しましょう!